「光の学校」写真館

《 2016年7月3日時点の最新版です 》

建設業者の岡本屋さんから専門的&技術的アドバイスをいただきながら、
僕(飯田史彦)自身が発案&デザイン&制作し、努力を重ねて構築しました。

材料や品々も、僕が各地のショールームや専門店を歩き回って、懸命に探し出したものです。
貴重な博物品・芸術品や、18世紀以降の本物のアンティークもたくさん・・・
木材も、白樺や楢などの本物の幹や、本物の流木、本物のコケなどを、たっぷりと使っていますよ。

たいへんな手間と時間をかけながら、様々なアイデアを生み出し、
精一杯の心を込めて、ドラマティックな演出効果を創造してみました。
館内のあちこちに、たくさんのドラマを想起させる仕掛けが用意されていますので、
この夢と希望と癒しに満ちた空間を訪れる機会を、どうぞお楽しみに!



《 遊び方 》

ここでは、わざと、館内の様々な写真を混在させ、位置関係を無視して並べておきました。
全ての写真を頭の中で巧妙につなぎ合わせれば、館内をウロウロと歩き回れるようになります。
この謎に満ちた建物の内部が、どのような部屋割りや位置関係になっており、
どの場所にいかなる物体が配置してあるのかを、手がかりを探しながら推理してみてください。

そして、「きっと、こうなっているに違いない」というイメージが出来上がったら、
イメージで形成した館内を歩き回り、あちこちで、立ち止まったり座ったりしてみましょう。
よく観察するたびに、新たな発見があり、さらなる疑問が浮かんできます。
写真として目の前に見える色々なものを、ジロジロと眺めたり触ったりしながら、
思い切り、バーチャル・ツアー(模擬入館体験)を楽しんでみてくださいね。

さらに、「このアイテムには、どのような物語やメッセージが潜んでいるのだろうか?」と、
それらに僕が込めた想いを探り当ててみれば、楽しみが何倍にも膨らみますよ。

そのうえで、ぜひとも、実際に「光の学校」京都校を訪れて、たとえば、
「やはり推理した通りだった!・・・だけど、本物を目の前で見るのは、大感激だなぁ」
「ああ〜っ、やられた! あれが、あんなところに・・・う〜ん、想像とは違っていたぞ」
などと、つぶやきながら悦に入って、「謎解き」の楽しさを味わっていただければ幸いです。



  

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

   

  

  

  

 

 

  

  

  

 

  

 

 

  

  

 

  

  

  

  

   

  

  

  

   

  

  

  

 

  

  

  

  

 

  



  

 

  

  

        

 

 

   

  



    

     

 

   



     

 

  



  

  

  



  

 

      



  

 

  

 



  

 

 

    

  

ある仕掛けによって、天井には、プラネタリウムのように、美しい星たちが広がるんですよ・・・ (⌒〜⌒)
京都校での僕の音楽療法コンサート(参加無料)は、「夜空に満天の星が広がる、深い森の中」で行うのです。